e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

菓子類

もなか/最中

もなか

外国語名 Monaka (英)
由来 江戸の菓子屋が満月をかたどった「最中の月」という丸い煎餅状の菓子で餡をはさんだものを作り、それが略されて「最中」となったとする説と真ん中に餡が入っていることから中央の意味で「さいちゅう(最中)」とよばれる様になったとする説がある。なお、最中の月は中秋の名月を指す言葉である。
歴史背景 原型は餅粉の生地を蒸して薄く伸ばし、円形に切って焼いた干菓子とされている。餡をはさむのは江戸時代以降で、明治期に現在の形になったとされる。
特徴 もち米で作った皮で餡を包んだ和菓子。皮を皮種ともよび、焼く際に高温で焼く、こがし種、焼き色をつけないように焼いた白種、生地に着色をした抹茶種や赤種などがある。餡にはアズキ餡(こしあん、粒あん)、白餡、抹茶餡などの他に栗や求肥を入れたもの、アイスクリームを入れたものなどもある。現在、皮種は専門業者が作り、和菓子店はこれを用いているものが多い。
保存方法 皮種は湿気ると商品価値がなくなるので、乾燥した容器で保存する。餡をはさんだ最中は、皮が湿気ないうちに食べる方がよい。保存する場合は冷凍し、自然解凍するか凍ったまま食べる。ただし、冷凍すると皮の食感は解凍時に悪くなる場合がある。
栄養 主成分は炭水化物。タンパク質、食物繊維を含む。