e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

菓子類

小麦粉せんべい

小麦粉せんべい

外国語名 wheat flour crackers (英)
別名 せんべい
由来 中国語で煎餅の「煎」は鉄板で焼くこと、「餅」は小麦粉、粟粉、緑豆粉などを水で練って平たく伸ばした食品をいい、お好み焼きやクレープのような物も含まれる。
歴史背景 縄文遺跡からすりつぶした粟(アワ)やイモを平たく押しつぶして焼いたもの、弥生時代の遺跡からも焼いた穀物製の餅が出土しており、当時から食されていたと推察される。
特徴 干菓子の焼き物菓子の一種。小麦粉に砂糖、卵、食塩などを加えて生地を作り金型に入れて焼く。全国各地の名所せんべい、銘菓として親しまれている。形状や味にも様々な種類があり、瓦せんべい、巻きせんべい、磯部せんべい(鉱泉せんべい)、南部せんべい(写真)などが有名である。
保存方法 湿気と高温を避け、常温で保存する。
栄養 主成分は炭水化物。原料の配合により異なるがタンパク質や脂質、カリウム、ナトリウムなどを含む。
備考 煎餅には米を原料とする「米菓煎餅」やえび煎餅のようなデンプンを原料とするものもあり、これらと区別するため小麦粉を原料とするものを「小麦粉せんべい」と称している。