e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

菓子類

しおがま

しおがま

外国語名 Shiogama (英)
由来 宮城県塩竈市にある鹽竈神社の祭神である塩土老翁が、藻塩草を焼いて塩を作る方法を教えた際に「しおがま」の作り方も伝えたとの言い伝えがある。実際には江戸中期頃から作られているとの記録がある。
歴史背景 かつては、もち米を蒸して干し、粉末にする際に藻塩を作る材料の藻塩草(ホンダワラなどの海藻)を加えて混ぜ、押していたという。後の時代に砂糖と塩を加え、シソの葉を加える様になり、風味が向上したとされる。
特徴 干菓子の一種。みじん粉(もち米の粉)に砂糖、塩などを混ぜ、水あめや糖液で湿気を与え、木型で押して作る「らくがん(落雁)」状の和菓子。らくがんより水分が多いのでさっくりとした口あたりとなる。風味付けに、ゆかり(しその葉を刻んで乾燥させた粉末)を混ぜることが多い。中に餡を入れたものやうるち米を用いるものもある。