e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

菓子類

らくがん

らくがん

外国語名 Rakugan, rice-flour cake (英)
由来 「南落甘(なんらくかん)」という中国のお菓子が伝わり、「落甘」とよばれるようになりこれが転訛したとする説と近江八景「堅田の落雁」の情景にちなんだとする説がある。
歴史背景 加賀藩や松江藩では菓子作りを奨励したため「長生殿」や「山川」とよばれる落雁がつくられた。また、長崎には「口砂粉」とよばれるウルチ米の粉を原料とする落雁がある。
伝来 室町時代に中国から「軟落甘」の製法が伝わったとされる。
特徴 寒梅粉(モチ米を蒸して乾燥させ、粉にしたもの)に水あめや砂糖を加えて練り、型に入れて乾燥させた和菓子。中に餡を入れるものもある。茶事や仏事の供え物に古くから用いられてきた。はったい粉(大麦を加熱して挽いた粉)や栗の粉(加熱したから挽く)を用いて作る麦落雁や栗落雁などもある。
保存方法 直射日光と湿気を避けて常温で保存する。
栄養 主成分は炭水化物。ほとんどが糖質である。