e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

菓子類

くずもち

くずもち

外国語名 Kuzumoch (英)
別名 葛餅、久寿餅、くず餅
由来 葛餅は関西では葛粉(吉野葛)の「葛」から、関東では原料のとれる下総国葛飾郡の地名の「葛」から「葛餅」とよんだが、関東では葛粉を用いないことから、区別するために「くずもち(久寿餅)」と表記されるようになったとされる。
歴史背景 関東式のくずもちは、江戸時代後期からとされ、東京の池上本門寺、亀戸天神、川崎大師などの門前町の名物となっていた。
特徴 関西では葛粉に水と砂糖を加えて火にかけて練って作る半透明から透明なプルプルした独特の食感のものをいい、涼しげな外観から主に夏の菓子とされる。関東では葛粉を用いず、小麦粉デンプン(浮き粉)を乳酸発酵させたものに湯を加え、蒸し上げて作るものをさし、くずもち(久寿餅)と表記される。沖縄ではサツマイモデンプン(ウムクジ)からつくるものをさす。いずれも「黒蜜」や「きな粉」をかけて食べる食べ方は共通する。
保存方法 冷蔵するとデンプンが老化して透明感が失われ、食感も悪くなる。本葛や浮き粉で作ったもので食味がよいのは室温で2、3日の間である。乾燥しないようにしっかりとラップなどでくるんでおく。
栄養 主成分は炭水化物。関東式のくずもちは、和菓子で唯一の発酵食品といわれ、乳酸菌が含まれるため、整腸効果が期待できる。