e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

し好
飲料類

紹興酒

紹興酒

この食材のレシピ

外国語名 shao xing jiu (英)
由来 紹興市周辺で作られる酒であることから
歴史背景 黄酒は7000年程度の歴史があるとされる日本の清酒と同じ平行複式発酵の醸造酒。紹興酒はそのうちの一つである。
国内分布 中華人民共和国浙江省紹興市周辺、台湾
特徴 本来は中華人民共和国浙江省紹興市周辺で製造される醸造酒(黄酒)を言うが、台湾で造られている同様の酒も紹興酒と呼んでいる。糯米、麦麹、酒薬(粳米粉とヤナギタデなどで作る酵母やカビの種)、鑒湖の水などを主原料とする。製造法により「元紅酒」、「加飯酒 (花彫酒)」、「善醸酒」、「香雪酒」の4種類があり、順に甘味が強くなる。輸入されている多くは「加飯酒(花彫酒)」。アルコール度数とエキス分は清酒とほぼ同程度であるが、酸度が2から3倍高く、酸味が強く、カラメル様の香りが特徴。「善醸酒」は仕込水の一部に「元紅酒」を使った甘口の濃醇な酒、「香雪酒」は、みりんに似た造り方の酒で さらに甘口濃醇である。
保存方法 直射日光、高温は品質を劣化させる。温度変化の少ない暗いところで保存。開栓後はできるだけ早く飲みきる方がよい。また、夏場は冷蔵庫に保存するのが望ましい。購入したものは家庭では熟成させることはできないので賞味期限内に消費する。表示がない場合も1、2年以内に飲む方がよい(未開栓の場合)。
栄養 主成分は炭水化物。アルコール度数は14~18度前後。カロリーは127kcal/100gで日本酒よりやや高い。タンパク質、ビタミンB群、マンガン、マグネシウムなどを含む。