e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

調味料
及び
香辛料類

オールスパイス/ピメント

オールスパイス

分類 フトモモ科オールスパイス属
原産地 ジャマイカ、メキシコ
学名 Pimenta dioica
外国語名 allspice
別名 ジャマイカンペッパー、百味胡椒、三香子
由来 オールスパイスはシナモン、クローブ、ナツメグの三つの香りを合わせて持つことからとされる。また、果実の形が胡椒に似ることからジャマイカンペッパーとも呼ばれる。
歴史背景 マヤインディアンが紀元2世紀頃から防腐剤や調味料として使用していたとされる。1570年代にメキシコでスペインの探検家が見つけ、その後、ヨーロッパには16~17世紀頃に伝わったと言われている。
時期 通年
国内分布 ジャマイカなど中南米
特徴 オールスパイスの果実を未熟なうちに収穫し、乾燥させたもの。シナモン、クローブ、ナツメグの三つの香りを合わせたような香りをもつ。このため、百味胡椒や三香子とも呼ばれる。また、実の形が胡椒(ペッパー)に似ることからジャマイカペッパーやジャマイカンペッパーと呼ばれることもある。ピメントはペッパーを意味するスペイン語のピミエンタに由来し、今でもジャマイカではピメントと呼ばれている。
料理名 肉料理、スープ、ピクルス、菓子、フライドチキンの下味つけ など。
栄養 シナモン、クローブ、ナツメグに共通するオイゲノールが香気の主成分。抗菌作用があるとされる。