e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

調味料
及び
香辛料類

シナモン/ニッケイ(肉桂)

シナモン

この食材のレシピ

分類 クスノキ科クスノキ属
原産地 セイロンシナモン(スリランカ、南インドなど熱帯アジア)、チャイナシナモン(中国、インドシナ)、ニホンシナモン(日本)
学名 Cinnamonum zeylanicum
外国語名 cinnamon (英)、cannele (仏)、肉桂 (中;ruugie)
別名 カシア、ニッキ、セイロンシナモン、ケイヒ(桂皮)
歴史背景 古くから使われた香辛料で、旧約聖書にも記述がある。
伝来 奈良時代には中国を通して伝えられ、正倉院御物に乾燥シナモンがある。
時期 通年
国内分布 スリランカ、セイシェル、インドネシア
特徴 外見は木の皮を丸めたようである。これは、樹皮をナイフではぎ取って発酵、乾燥させて用いるためである。また、これを粉末にしたものもある。独特の甘い香りと清涼感をもつ。ニホンシナモンは皮よりも根に強い香りと辛味がある。英国ではセイロンシナモンを「シナモン」、チャイナシナモンを「カシア」とよぶが、米国では両者を含め、いずれも「シナモン」とよんでいる。我が国ではニッキ(ニホンシナモン)が古くから使われてきたが、現在は輸入のチャイナシナモン、セイロンシナモンがほとんどである。
品種名 セイロンシナモン、チャイナシナモン(中国肉桂、カシア)、日本シナモンの3種があるが、いずれも同属であるが種は異なる。
料理名 シナモンロール、アップルパイ、シナモンシュガートースト、カプチーノ、八つ橋
調理法 シナモン粉末をクッキー、パン、ケーキ、アプルパイなどに、棒状のシナモンスティックは紅茶、コーヒー、ホットチョコレートなどに添える。インド料理のカレーやピラフに風味付けや飾りとしても用いられる。
選び方 古くなると香りが減少するので新しいものがよい。
保存方法 湿度の低い暗所で保存する。
栄養 精油(芳香成分)としてシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)、オイゲノール、ベンズアルデヒドなどを含んでいる。シンナムアルデヒドが特徴的なもので、胃腸の働きを助けるとして、漢方や西洋の民間薬としても伝わっている。
製造方法 2年目の側枝の樹皮を剥ぎとって24時間放置して発酵させる。