e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

調味料
及び
香辛料類

セージ

セージ

分類 シソ科アカギリ属
原産地 地中海沿岸
学名 Salvia officinalis
外国語名 common sage (英)、Sauge (仏)、Salvia (伊)
別名 薬用サルビア、コモン・セージ、ガーデン・セージ
由来 ラテン語で治癒、救出、健康などを意味するサルベレ(salvere)、サルバス(salvus)が属名のsalviaの由来。これがフランス語のsaugeをへてsageへと転訛したとされる。
歴史背景 ヨーロッパでは古くから用いられてきた。
伝来 明治中期に伝わったと推定される。
時期 通年
国内分布 千葉、沖縄、長野、北海道、三重 など。
特徴 草丈は60~90cm程度、葉は細長い楕円形で長さは2.5~5cm程度になる。特有の強い芳香とわずかな苦み、渋味を持つ。肉、魚料理や脂っこい料理をすっきり仕上げることができるので、ソースにも用いられる。
料理名 肉料理、魚料理、ハーブビネガー、ハーブバター など
選び方 生鮮品(フレッシュハーブ)ではしなびていない、葉の色がはっきりしたものがよい。
保存方法 生鮮品はポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存。刻んで冷凍することもできる。乾燥品は湿気を防ぎ、直射日光の当たらないところで保存。
栄養 β-カロテン、カリウム、食物繊維などを含む。なお、食品成分表に掲載されている数値は乾燥品のものである。香気成分には、抗菌作用や消炎、鎮痛作用があるとされる。