e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

調味料
及び
香辛料類

ユズコショウ/柚子胡椒

ユズコショウ

この食材のレシピ

原産地 発祥は福岡県英彦山周辺とする説や大分県日田市とする説など、九州各地に発祥説がある。
由来 「コショウ」は「トウガラシ」を意味する古い言葉で、「ユズコショウ」は「ユズ」と「トウガラシ」を用いて作ることから。
歴史背景 古くから九州の山間部の家庭で作られていたが、英彦山の業者が1950年にはじめて商品として販売したと言われる。
特徴 トウガラシを粗く刻んで、ユズの皮と塩を加えてすりつぶし、熟成させた調味料。一般的には青トウガラシと青ユズを用いるので緑色をしている。赤トウガラシと黄ユズを用い赤色または朱色となったものもある。緑色は辛味が、赤色は香りが強いとされる。九州各地でよく用いられる他、ユズの産地である高知や徳島などでも作られている。
料理名 鶏肉のユズコショウ焼き、ユズコショウ炒め、ユズコショウ鍋、ユズコショウマヨネーズ、ユズコショウドレッシング など
保存方法 塩分濃度で保存期間は変わるが、冷蔵庫で保存する。自家製のものは冷蔵し、1週間程度で使い切るのがよい。
栄養 塩漬けであるためナトリウムが多い。β-カロテンやカリウムなどを含む。