e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

いも
及び
でん粉類

キクイモ

キクイモ

分類 キク科ヒマワリ属
原産地 カナダ東部、アメリカ北東部
学名 Helianthus tuberosus
外国語名 jerusalem artichoke (英)
別名 カライモ、ショウガイモ、ハナイモ、イモヒマワリ、ブタイモ
由来 和名はキクに似た花をつけ、地下にイモができることから。
歴史背景 家畜の飼料として導入され、第二次大戦後全国に広まった。栽培されているところもあるが、各地の道路沿いや荒れ地に野生化したものが自然繁殖している。かつては果糖の原料にも使用された。
伝来 江戸時代末の文久年間(1861から1864年頃)に伝わったとされる。
時期 秋から春
国内分布 野生化したものが全国各地にある。
特徴 食用にするのは主にイモ(塊茎)で、小ぶりのショウガのような形をしている。イヌリンを多く含み、デンプンは少ない。イモはさわやかな甘味を持つ。
品種名 系統として白イモ系、紫系、ピンク系がある。
料理名 漬物、天ぷら 
加工品 漬物(塩漬け、粕漬け、みそ漬けなど)、乾燥粉末、菓子、健康食品
選び方 太く丸みのあるもので、しっかりと締まったものがよい。
保存方法 土がついたまま乾燥しないように保存する。洗ったものはポリ袋に入れて冷蔵庫で。冷凍や乾燥させて保存することも可能。
栄養 イモ類としてはデンプンが少なく、カロリーは低い。「イヌリン」という水溶性食物繊維(多糖類)を多く含んでいる。イヌリンは腸内で乳酸菌の増殖に利用される。このため、腸の働きをよくする効果があると考えられるが、ヒトは消化できないため摂り過ぎには注意が必要である。
備考 繁殖力が強く、外来生物法では在来植物と競合・駆逐する恐れのある「要注意外来生物」リストに記載されている。栽培する場合は管理されている場所から出ないようにまた、イモなどを野外に放棄することのないように注意が必要である。