e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

種実類

ペカン

ペカン

分類 クルミ科ペカン属
原産地 米国中西部ミシシッピ川流域からメキシコ東部。
学名 Carya illinoinensis
外国語名 Pecan (英)
別名 ピカン、ピーカン、ピーカンナッツ
由来 英語のpecan の読みから 
歴史背景 アメリカでは古くから食用とされており、世界の生産量の9割以上を生産している。
伝来 大正時代に輸入されたといわれる。
時期 通年
国内分布 アメリカからの輸入がほとんど。
特徴 果実は品種により円形、卵円形、楕円形など様々な形をしている。外果皮は緑色で4本の縫合線があり、熟すとこの線に沿って開裂し、内果皮に包まれた種子が落果する。この中の胚乳を食用とする。バターの木ともよばれるほど脂質が非常に多い。クルミに似た味がするが苦味は弱い。
品種名 カーチス、サクセス、シュレー、スチュアート、マネーメーカー など
料理名 製菓材料、つまみ、サラダのトッピング など
保存方法 高温多湿を避けて、密封容器で保存する。
栄養 脂質が非常に多く、タンパク質を含む。脂質にはオレイン酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれる。
備考 燻煙材や材木として有名な「ヒッコリー」はこのペカンの木部である。