e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

種実類

マカダミアナッツ/マカデミアナッツ

マカダミアナッツ

分類 ヤマモガシ科の常緑樹
原産地 オーストラリア東部のクイーンズランド州南部からニューサウスウエールズ州北部
学名 Macadamia integrifolia
外国語名 Macadamia nut (英)、noix de Queensland (仏)、澳州堅果 (中)
別名 Australian nut、 Queensland Nut
由来 1857年にオーストラリア人植物学者(フェルディナンド・フォン・ミュラー)が友人の化学者(ジョン・マカダム)の名前から学名をつけたことでマカダミアと呼ばれる様になった。わが国ではマカデミアナッツと呼ぶことも多いが、正しくはマカダミアナッツである。
歴史背景 オーストラリア東部の熱帯雨林で発見されたが、アボリジニは古くから食用としていた。
伝来 商業栽培は19世紀末に殻の薄い品種が選抜されてからである。1892年にハワイへ導入され大きな産地となった。
時期 輸入品は通年。オーストラリアでは3~9月。
国内分布 オーストラリア、ハワイが主要産地。南アフリカ、ブラジル、カルフォルニア、コスタリカ、イスラエル、ケニア、ボリビア、ニュージーランド、コロンビア、マラウイなどでも商業生産されている。
特徴 果実の大きさはウメの実程度で、種子は非常に堅い殻に覆われている。この種子の中身(仁)を食用としており、歯ざわりと風味に特徴がある。
品種名 果皮がつるつるしたMacadamia integrifolia Maiden and Betcheと、ざらざらしたM. tetraphylla L. Johnsonの二種類とこれらの交配種である。
下処理 殻付きの場合、殻はペンチではさんだ程度では割れず、専用の殻割を用いるのがよい。
料理名 クッキー、アイスクリーム
調理法 ロースト
加工品 ローストナッツ、チョコレート菓子、マカダミアナッツオイル
選び方 よく乾いて湿気ていないものを選ぶ。
保存方法 加工品は、湿らないように密封容器か袋に入れ、油脂の酸化を防ぐため、光に当てないように注意する
栄養 脂質を多く含むが、その中で不飽和脂肪酸のオレイン酸、パルミトオレイン酸が多い。また、コレステロールを含まない。近年、総コレステロールとLDLコレステロールの値を下げる効果を持つことが報告され注目されているが、カロリーが高いので食べすぎは禁物である。