e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

種実類

マツ/マツの実

マツ

この食材のレシピ

分類 マツ科マツ属
原産地 東北アジア
学名 Pinus koraiensis(チョウセンゴヨウマツ)
外国語名 pine nuts, korean pine, 松子仁 (中)
由来 松の木は神の宿る神聖な木とされており、神が宿るのを「待つ」からとする説や葉がまつ毛に似るから「マツ」とする説、葉が二股に分かれているところから股(また)が転じたとする説などがある。
伝来 チョウセンゴヨウは、朝鮮半島、中国東北部、ロシア極東部、日本に自生する。
時期 輸入品は通年。収穫は秋。
国内分布 韓国、中国
特徴 大きい種子を持つマツから採る。松かさから採った種子の殻を割って取り出す。食べるのは胚乳の部分である。日本で市販されるのはチョウセンゴヨウの種子がほとんどである。欧米では別の種類のマツの実が食用となっている。
品種名 チョウセンゴヨウマツ(チョウセンマツ)、イタリアカサマツ、ピニョンマツ、メキシコマツ
料理名 韓国料理の薬味、おつまみ、菓子
調理法 煎る、揚げるなど
選び方 淡い褐色で透明感のあるものがよい。また、よく乾燥したものを選ぶ。
保存方法 密封容器で湿気ないように保存。
栄養 脂質、タンパク質が多い。ビタミンB1、B2、Eも多い。