e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

ソウメンカボチャ/キンシウリ

ソウメンカボチャ

分類 ウリ科カボチャ属
原産地 北アメリカ南部
学名 Cucurbita pepo
外国語名 Spaghetti squash (英)、金絲瓜 (中)
別名 ソウメンウリ(素麺瓜)、イトカボチャ(糸南瓜)、魚翅瓜 など
由来 ゆでると果肉が繊維状にほぐれて素麺のようになることから。英語名もスパゲッティのようになることから。中国ではフカヒレ(魚翅)に似るので魚翅瓜と言う呼び名もある。
伝来 19世紀(明治期)に中国、朝鮮半島経由で伝来したとされる。
時期 7月から9月頃
国内分布 岡山、石川、新潟 など
特徴 キンシウリが標準名。ズッキーニと同じくペポカボチャの一種。果実は長さ20~30cmの長球形。加熱すると果肉が麺状にほぐれることから、ソウメンカボチャやスパゲティスカッシュのよび名がある。ゆでたものはシャキシャキした歯ごたえを持つ。中国地方から東北地方まで各地で栽培されるが、量は少ない。石川県では能登の伝統野菜の一つとして取り扱われている。
下処理 輪切りにして中心にあるタネとワタを除き、軟らかくなるまで沸騰水中でゆでる。ゆであがったら、水で冷やし、皮側から手で押して繊維をほぐし、皮から外す。水の中で繊維をさらにほぐして、水気を切る。
料理名 酢の物、和え物、お浸し、サラダなど。素麺のようにめんつゆにつけて食べることも多い。パスタソースをかけたり炒めて食べることもできる。
選び方 全体に色ムラがなく傷が少ないもので、重みのあるものがよい。果皮はやや薄い緑から黄色のもの。薄い緑色のものは追熟させると黄色くなる。果皮が黄色くなって軸の付け根が星状になった頃が食べ頃となる。
保存方法 丸のままだと保存性は高く、カボチャと同様に冷暗所で風通しのよいところに置く。切ったものはラップかポリ袋で包み冷蔵庫で保存する。ゆでたものは冷蔵し、早めに使う。
栄養 水分が多く、低カロリーで食物繊維が多い。カリウム、カルシウム、ビタミンB群などを含む。