e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

カラシナ/芥子菜、辛子菜

カラシナ

分類 アブラナ科アブラナ属
原産地 中央アジア
学名 Brassica juncea
外国語名 leaf mustards
別名 ハガラシナ(葉辛子菜)、ハガラシ(葉辛子)、シマナー(島菜;沖縄)
伝来 中国から伝わり平安期の書物「本草和名」や「和名抄」にも記載があることからそれ以前に伝わったと考えられる。
国内分布 茨城、栃木、千葉、京都、長野、岩手、秋田、北海道 など
特徴 葉カラシナともよばれる。葉が濃い緑色で、切れ込みがあり、ほどよい辛味がある。野菜として茎や葉を食用とし、主に漬け物やおひたしなどに使われる。また、種子はオリエンタルマスタードともいい、粉末にしてカラシ粉(和カラシ)とする。茎葉が細く、切れ込みの多い「サラダからし菜」は生でサラダとして食べることが可能である。また、タカナやザーサイもカラシナの仲間である。
品種名 黄からし菜、山潮菜、阿蘇高菜、九重高菜、わさび菜 など
料理名 漬け物、おひたし、和え物、煮物、炒め物、サラダ など
選び方 葉が濃い緑色でつやがあるもの、葉先がしっかりして、茎にハリのあるものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れ、野菜室に立てて入れる
栄養 カリウム、カルシウム、鉄、β-カロテン、ビタミンC、K、葉酸などが多い。辛味はアリルイソチオシアネートによる。