e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

レッドキャベツ/赤キャベツ

レッドキャベツ

この食材のレシピ

分類 アブラナ科アブラナ属
原産地 北ヨーロッパ、アメリカ、中国などに見られるが詳細は不明。
学名 Brassica oleracea convar. capitata var. rubra
外国語名 Red cabbage (英)
別名 紫キャベツ
由来 葉が暗赤色のキャベツであることから
伝来 キャベツは江戸時代に伝わったとされるが、赤キャベツについては不明。
時期 ほぼ通年。
国内分布 長野、愛知、茨城 など
特徴 キャベツの一品種。葉はアントシアニン系の色素を含み、暗赤色から紫色である。ただし、葉の色は、栽培土壌のpH により変化し、酸性ではより赤く、中性では紫、アルカリ性では黄緑色になる。
品種名 ルビーボールSP、レッドルーキー、スーパーレッド など
料理名 サラダ、コールスロー、漬物など
選び方 手で持って重みのあるもの、葉先が薄く、葉の表面に粉が付着したような白っぽさがあるものが新鮮であるとされる。
保存方法 乾燥を防ぐため、ポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 ビタミンC、K、カルシウム、カリウムなどが多い。