e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

クレソン/オランダガラシ

クレソン

この食材のレシピ

分類 アブラナ科オランダガラシ属
原産地 ヨーロッパとされる
学名 Nasturtium officinale
外国語名 Water cress (英)、Cresson (仏)
別名 オランダミズガラシ、クレス
由来 クレソンはフランス語。水辺に生えることから、英語ではウォータークレスという。
歴史背景 ヨーロッパ原産で、肉料理の付け合わせなどに用いられてきた野菜。
伝来 明治の初めに在留外国人の食用に導入されたと言われている。現在では日本各地に帰化している。
時期 栽培品は通年。天然では地域により若干異なるが3~5月。
国内分布 山梨、沖縄、愛知、大分、和歌山,栃木 など。各地で自生しているところもある。
特徴 独特な香りとピリッとした苦み、辛味が持ち味。この辛味は「シニグリン」という成分でダイコンやワサビ同じ辛味物質ある。これは、クレソンの種子にも含まれている。茎は容器に水に入れて挿しておけばすぐに根が出て、生長するほど繁殖力が強い。半水生植物なので栽培は水耕栽培が適する。
品種名 品種の分化はなく、在来種を使用。葉の形や香りによって5系統に分けられる。
料理名 肉料理(ビーフステーキ、ロースとビーフ、ハンバーグなど)のつけ合わせ、みそ汁の具、クレソンのサラダ、お浸し、ごま和え、クレソンとたこの酢みそサラダ、クレソンとベーコンのサラダ、クレソンといかのソテー・レモンソース、クレソンとあさりのバター風味、牛ステーキ・クレソンソース、クレソンのポタージュスープ、牛肉とクレソンのライスサラダ、クレソンの天ぷら
調理法 かすかな辛味と苦味、さわやかな香りが特徴で、肉料理のつけ合わせやサラダでの生食が多いが、かき揚げや、ゆでておひたしや和え物、スープにしてもおいしい。
選び方 全体にみずみずしく、葉が大きくて葉の間がつまり、茎が太いものでまっすぐに伸びているものを選ぶとよい。大きく曲がっている物は収穫後時間が経過している可能性がある。
保存方法 乾燥しないようにポリ袋かポリエチレンラップで包んで冷蔵庫へ。できれば立てた状態で置くのがよい。
栄養 β-カロテン、カリウム、カルシウムが豊富。ビタミンE、鉄、葉酸、食物繊維などを含む。