e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

ケール

ケール

分類 アブラナ科アブラナ属
原産地 地中海沿岸とされる。
学名 Brassica oleracea var. acephala
外国語名 Kale, collard (英)
別名 リョクヨウカンラン(緑葉甘藍)、ハゴロモカンラン(羽衣甘藍)、リーフキャベツ、コラード
由来 英語のkaleから
歴史背景 キャベツの原種に近い仲間で極めて古くから利用されており、キャベツ類の中では栽培の歴史が最も長いと考えられている。
伝来 江戸時代に伝わったといわれる。
時期 通年。11月~2月頃に収穫されるものは甘味が強く、夏はβーカロテンなどビタミンが多くなるとされる。
国内分布 茨城、島根、岡山、福岡、大分、鹿児島 など。
特徴 キャベツの原種に近い仲間で結球せず、葉が開いている。このため、リーフキャベツと称され、古くから利用されてきた。変異が多く、葉の形や色は多様である。葉に切れ込みが入り、縮れている縮葉系と葉が丸く、縮れやシワのない、ブロッコリーの葉に似た形の滑葉系に大別できる。縮葉系のケールは青汁の原料として有名である。滑葉系のケールもサラダや炒め物などの食用として市場に出回るようになってきている。また、細胞内の活性酸素を除去する働きのある成分が多く含まれていることから健康補助食品としても注目されている。
料理名 青汁。炒め物、サラダ など
選び方 みずみずしく、緑色が鮮やかなものを選ぶとよい。
保存方法 ポリ袋にに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 タンパク質、脂質、炭水化物、カルシウム、リン、ビタミンA、B1、B2、Cなどがキャベツに比べて豊富。食物繊維が多い。