e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

ジュウロクササゲ

ジュウロクササゲ

分類 マメ科ササゲ属
原産地 アフリカ
学名 Vigna unguiculata ver. Sesquipedalis
外国語名 yard long bean
別名 十六大角豆、長ササゲ、三尺ササゲ、ふろう豆、ほろ豆
由来 サヤの中に豆が16粒程度入っているからとする説がある。
歴史背景 1945年(昭和20年)以降に本格的栽培が始まり、広く栽培されていたが現在では限られた地域で伝統野菜として生産されている。
伝来 1890年(明治23年)に沖縄県で編纂された書物に記載があり、沖縄にはこれ以前に伝わっていたと推測される。本土に伝わった時期は不明であるが大正以前とされている。
時期 6月下旬~9月下旬
国内分布 愛知、岐阜、鹿児島、沖縄
特徴 ツルの長い蔓性のササゲ。インゲンマメにに似た形でサヤの長さは30~40cm程度になる。完熟した豆も食用にできるが食味が良くないため、通常は未熟なサヤを収穫し、サヤごと食用とする。
下処理 さっとゆでてから用いる。
料理名 ごま和え、油炒め、煮物 など
選び方 緑色が鮮やかであまり太くないものが良い。太いものは育ちすぎて筋が固くなっているものがある。
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存。
栄養 食物繊維、β-カロテンが多い。ビタミンC、B群などを含む。