e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

タラノメ

タラノメ

この食材のレシピ

分類 ウコギ科タラノキ属
原産地 日本全国、中国、サハリン、東シベリアなどに分布
学名 Aralia elata
外国語名 Japanese angelica-tree
別名 タラノメ、タランボ
由来 山菜の王様からタロウウドなど、人名の「太郎」を連想させるような呼び名があり、「太郎の木」から転訛してタラノキと呼ばれるようになったという説がある。
歴史背景 古くから山菜の王様として採取されてきた。新芽から2回ぐらいは収穫できるが、それ以上採取すると枯死してしまう。
時期 4月~5月
特徴 タラノキの若芽を食用とする。香り、ほろ苦さ、こくを持った山菜として人気がある。近年はふかし栽培と言って、30cm程度に切った穂木をオガクズで作った床にさし木し、ハウス内で温度を上げて発芽させた栽培ものが多い。
品種名 タラノキ、トゲナシタラノキ
下処理 お浸しや和え物にする場合は、サッとゆでてアクを抜く。
料理名 たらの芽の天ぷら、たらの芽のフライ、たらの芽のみそ焼き、たらの芽のごまみそ和え、たらの芽のくるみ和え、たらの芽のマヨネーズ和え
調理法 生を揚げ物、焼き物に、ゆでてお浸しや和え物にして、特有の風味、香気、苦味を楽しむ。揚げ物にすると苦味はなくなる。
選び方 トゲがピンと張って、ずんぐり太いものがよい。伸びすぎたものは商品価値が低い。葉がとろけていたり、切り口が褐変しているのは古い。
保存方法 乾燥させないようポリ袋かラップで覆い、冷蔵庫で保存する。
栄養 タンパク質、カリウム、鉄、β-カロテンの含量が多い。