e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

ニラ

ニラ

この食材のレシピ

分類 ユリ科ネギ属
原産地 東南アジア、中国、日本など断定されていない
学名 Allium tuberosum
外国語名 Chinese chive (英)
別名 かみら、くくみら、くきみら、ふたもじ
由来 うまいという意味の「美辣(みら)」にあるといわれる。古くは加美良(かみら)、久々美良(くくみら)、古美良(こみら)などの名があった。
歴史背景 中国ではにんにく、ねぎ、らっきょう、はじかみとともに「五辛」の一つとされている。「史記」には「千畝のにら畑を持つ者は、収入では千戸の領地を持つ諸侯と同じだ」と記述されるほど、にらは珍重された野菜だった。
伝来 古事記にも記載が見られるほど古くから食されてきた野菜。延喜式には、栽培法も記載されている。古くから整腸剤としても利用されていた。
時期 一年中、出回る。
国内分布 栃木、茨城、群馬、千葉、高知。黄ニラは、岡山の特産。花ニラは、山形、宮城。
特徴 ネギの仲間の緑黄色野菜。細長くまっすぐに伸びた緑の葉は柔らかく、汁物やおひたし、炒め物などに使われる。中華料理、韓国料理にも用いられる。「黄にら」は、ニラを光に当てないように軟化栽培したもの。花ニラはとうだち(抽だい)させて、花茎を利用する。
品種名 グリーンベルト、スパーグリーンベルト、常緑大葉、たいりょう、テンダーポール
料理名 にら玉、にらレバ炒め、にら粥、にら雑炊、にらのお浸し、にらの卵とじ、にらと鶏肉の和え物、にらといかの炒め物
調理法 火の通りが早いので炒める場合はサッとでよい。油を使った調理にするとカロテンの吸収がよくなる。和え物、炒め物、雑炊にするとおいしい。
選び方 葉がみずみずしく濃い緑色でつやがあり、肉厚で葉先までぴんと伸びてやわらかいものがよい。葉先が枯れていたり黄ばんだもの、茎の切り口が乾いたものは避ける。茎が極端に太いものは筋張っていて味がわるい。
保存方法 ぬれた新聞紙で包んで冷蔵庫へ入れると2~3日はもつ。いたみやすいので早めに利用する。
栄養 β-カロテンが豊富。ビタミンB1・B2、Eを含む。ビタミンB1の吸収を助ける硫化アリルを含む。