e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

きんとき

きんとき

この食材のレシピ

分類 セリ科ニンジン属
原産地 中央アジア
学名 Daucus carota subsp. sativus
外国語名 Kintoki Ninjin, Kyoto Red carrot (英)
別名 金時ニンジン、京ニンジン
由来 赤ら顔の坂田金時に由来すると言われる。
歴史背景 16世紀頃に中国から伝わり、主に西日本各地で栽培されてきた。主産地の香川には1877年に伝わり、1905年頃から野菜として出荷されるようになったとの記録がある。
伝来 16世紀頃に中国から伝わったとされる。
時期 11月~3月頃。
国内分布 香川、関西地方 
特徴 鮮やかな紅色をした東洋系ニンジンの品種。長さは30cm程度になる。肉質は軟らかいが煮くずれしにくい。西洋系ニンジンのような香りは少ないが、独特の風味がある。西日本で多く栽培され、関西地方では正月料理に使われるなど季節感が強い野菜である。紅色はトマトと同じリコペンによる。また、β-カロテンも多く含む。
料理名 おせち料理(煮しめ)、雑煮の具材、なます、煮物、粕汁の具材、サラダ、ピクルス など
選び方 表面が滑らかでツヤのあるものがよい。
保存方法 乾燥させないようポリ袋に入れて野菜室で保存。
栄養 β-カロテン、葉酸、カリウム、食物繊維などが多い。赤い色はリコペンによる。リコペンは活性酸素を減らすと言われている。