e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

茎ニンニク

茎ニンニク

この食材のレシピ

分類 ユリ科ネギ属
原産地 中央アジア
学名 Allium sativum
外国語名 蒜薹 (suantai, 中)
別名 ニンニクの芽
由来 ニンニクの花茎であることから。
歴史背景 1970年代の日中国交回復後の中国野菜ブームの中で普及したと考えられる。
時期 中国産は通年。国産は5月から6月。
国内分布 中国。国内では青森、香川などニンニクの産地でわずかにある。
特徴 ニンニクは春に花をつける花茎を伸ばすが、球根を肥大させるために花茎を刈り取る。この花茎の部分を「ニンニクの芽」と称して野菜として売られる。正式には芽ではなく花茎であるため「茎ニンニク」と称する。生鮮品、冷凍を問わずほとんどが中国から輸入されている。ほのかな香りと甘味、歯ごたえがある。
料理名 炒め物
加工品 生鮮野菜として利用する他、ブランチングして冷凍保存する。
選び方 緑色がきれいで黄色くならないもの、軟らかく弾力性のあるものがよい。
保存方法 乾燥しないようポリ袋に入れ、野菜室に保存する。熱湯でさっとゆでて冷凍も可能。
栄養 カリウム、カルシウム、ビタミンC、食物繊維などが多い。