e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

ラディッシュ/ハツカダイコン

ラディッシュ

この食材のレシピ

分類 アブラナ科ダイコン属
原産地 ヨーロッパ
学名 Raphanus sativus var. sativus
外国語名 radish (英)、radis (仏)
由来 ヨーロッパではラテン語の「ラディクス(根)」から、英語のラディッシュやフランス語のラディなどが生まれた。
歴史背景 古代エジプトでは、ピラミッド建設の労働者に大根を食べさせたという記録がある。古代ギリシャ・ローマでも食用にされていたという。
伝来 近年になって人気が出たもの。ヨーロッパ大根のうち、これだけが日本で栽培されている。需要の中心は業務用だが、家庭用の消費も増加傾向にある。
国内分布 埼玉、愛知、東京など。
特徴 ヨーロッパ系で、世界最小の大根。赤の球形がポピュラーだが、白い円錐型や円筒型のものもある。極早生で種をまいて25日ぐらいで収穫する。ヨーロッパには紫や茶、灰色などの品種もあり、主にサラダに使われる。浅漬けや甘酢漬けにしてもおいしい。
品種名 赤丸、紅白
料理名 サラダ、一夜漬け、ピクルス、バター煮。
調理法 長時間水につけると赤い色があせる。赤色を鮮やかにしたい場合は酢水につける。飾り切りにして料理のつけ合わせにすることが多いが、薄い輪切りにしてサラダや酢の物、細切りにして天盛りにも。欧米ではパーティのオードブルなどに、マヨネーズやバターを添えて出される。
選び方 赤いものは丸くてつやがあり、葉の緑がみずみずしいものがよい。形が細長いものや、葉がしおれているものはよくない。
栄養 カリウム、ビタミンCを含む。