e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

トマピー

トマピー

分類 ナス科トウガラシ属
原産地 日本
学名 Capsicum ssp.
外国語名 Tomapie (英)
別名 ハンガリアパプリカ、カプチン
由来 扁平でトマトのような形をしたピーマンであることからトマトピーマンとよばれ,これが縮まってトマピーとなったと考えられる。
歴史背景 2002年にカプチンの品種名で品種登録されている。
伝来 1990年代に日本で品種改良されたパプリカ(ピーマン)の仲間。
時期 夏場を中心にほぼ通年。
国内分布 熊本、茨城、広島、宮城、山形 など
特徴 バルカン系ピーマンとハンガリー系ピーマンの交配種子から育成された扁平型のピーマン(パプリカ)の品種。当初はピーマンとトマトの雑種といわれたこともあるがこれは誤りである。熟すと外観は赤く、ウメの花のような五角形で扁平なトマトの様に見える。肉厚でピーマンのような苦味や香りは弱く、甘みがほんのりあって、サラダなど生食にしやすい。
料理名 サラダ、スープ、天ぷら、ピザ、サンドイッチ、グリル など
選び方 ヘタの切り口がきれいで,皮にハリのあるものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れ、野菜室で保存。
栄養 ビタミンCが豊富で、βーカロテンやビタミンB2などを通常のピーマンの数倍含む。