e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

ホースラディシュ/レフォール/西洋ワサビ

ホースラディシュ

分類 アブラナ科セイヨウワサビ属
原産地 東ヨーロッパ
学名 Armoracia rusticana
外国語名 horseradish, raifort
別名 ワサビダイコン、山ワサビ、エゾ山ワサビ
由来 ホースラディシュは英語、レフォールはフランス語から。「山ワサビ」は清流で育つ「ワサビ」と区別するために名付けられたと考えられる。
歴史背景 北海道に導入されたが、野生化もしている。
伝来 明治時代に食用として導入され、気候が適した北海道で栽培されるようになった。
時期 11月~3月、輸入品は通年
国内分布 北海道、長野、鳥取、輸入品も多い
特徴 すり下ろすとワサビと同じように鼻に抜ける辛味がある。ただし、香りはワサビダイコンとよばれるようにワサビのような芳香よりもダイコン臭が強い。ローストビーフの薬味として欠かせないものとして知られている。また、チューブ入りのワサビの原料にされている。
料理名 ローストビーフの薬味、ドレッシングやマヨネーズに混ぜる など
加工品 チューブ入りワサビ、粉ワサビ、醤油漬け
選び方 なるべく色が白いものを選ぶ。鮮度が落ちると黄色から茶色になって香りが弱る。
保存方法 乾燥させないようにポリ袋かラップで包み、冷蔵する。
栄養 炭水化物、食物繊維が多い。辛味成分の「アリルイソチオシアネート」には、抗菌、がん予防、血栓予防に効果があると言われている。