e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

ミズカケナ

ミズカケナ

分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Bressica campestris (rapifera group)
外国語名 Mizukakena (英)
別名 水掛菜、トウナ、ミズナ(水菜) など
由来 水田の裏作として冬場に栽培されるため、水田の雪を溶かし、保温する目的で湧き水を引き入れ、その中で栽培したことからとされる。
伝来 明治19年頃に新潟県から導入されたとされる。
時期
国内分布 静岡、神奈川、新潟
特徴 冬場に一定温度である山からの湧き水を引き入れ、これをかけることで融雪と保温効果を得ながら栽培されたアブラナ科の葉物野菜。主に漬け菜として用いられる。富士山麓の御殿場や小山、神奈川県の足柄などが有名であるが、元々は新潟の南魚沼周辺で同様に栽培されていた大崎菜などがルーツと推測される。
料理名 漬物
選び方 葉先までシャキッとしていて茎にツヤがあるものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れ野菜室で保存。
栄養 β-カロテン、ビタミンC、葉酸、カリウム、カルシウム、食物繊維 などが豊富。