e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

サンチュ

サンチュ

分類 キク科アキノノゲシ属
原産地 中国
学名 Lactuca sativa var. angustana
外国語名 cutting lettuce (英)
別名 チマ・サンチュ、ツツミナ(包菜)、カキチシャ(掻きチシャ)
由来 韓国語の名称から。
歴史背景 日本で最も古くからあるレタス(チシャ)で、各地で栽培されお浸しなどに用いられていたが、戦後、玉レタスの急速な普及とともに栽培が減少していた。近年、韓国料理や焼肉用として栽培が復活してきている。
伝来 奈良~平安時代頃に中国から導入されたと考えられる。
時期 通年
特徴 レタスの仲間。韓国料理や焼肉などを包んで食べる時に用いられる。成長に伴って下の葉から搔き取って収穫する。ほんのりと苦味があり、葉肉が厚いので歯ごたえがシャキシャキする。葉の色によって紅系と緑系がある。
品種名 チマサンチュ赤葉、チマサンチュ青葉
料理名 チョレギサラダ、焼肉、ゴマ和え など
選び方 葉の色が鮮やかで張りのあるものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存する。
栄養 β-カロテン、葉酸、ビタミンK、カリウム、カルシウムなどが多い。食物繊維やビタミンC なども結球レタスよりは多い。