e食材辞典

掲載数は762!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

エディブルフラワー

エディブルフラワー

外国語名 edible flower (英)
由来 食べられる(edible)花(flower)から。
歴史背景 ヨーロッパでは古くからサラダなどで花を食用とする習慣が見られた。日本では、ヨーロッパのような利用はほとんど無かったが、豊橋温室園芸農業協同組合が1967年に桜草の栽培をはじめ、1988年頃から多種類の食用花の販売をはじめたとされる。
伝来 日本でも菜の花、食用菊や桜花の塩漬など花を食用とする習慣は古くから見られたが、ヨーロッパのような食用花の利用は1980年代にイタリアンレストランなどでサラダなどに取り入れるようになってはじまったと考えられる。
時期 通年
国内分布 愛知県豊橋
特徴 本来は植物の花を食材として用いることや食用花そのものをいう。日本では菜花、ワサビの花、ミョウガ、食用菊、桜花の塩漬などが伝統的にあるが、エディブルフラワーと言うときは、キンレンカ、ペチュニア、キンギョソウ、ビオラなど色が鮮やかなものを用いたヨーロッパ的な利用をさすことが多い。
加工品 砂糖漬け、塩漬け、ジャムなど
保存方法 しなびることを防ぐため、ポリ袋や密閉容器に入れ冷蔵庫で保存する。
栄養 花の種類により異なるが、食物繊維やビタミン、抗酸化作用のあるポリフェノールなどが含まれる。
備考 花屋で売られている観賞用の花は農薬や鮮度保持剤が用いられていることが多く、食用にはできない。食用として販売しているものを購入する。自分で育てる場合は、毒性のない花を選んで無農薬で育てることが望ましい。