e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

野菜類

タデ

タデ

この食材のレシピ

分類 タデ科タデ属
原産地 ヤナギタデは山野や河原に自生する。
学名 Polygonum hydropiper L.
外国語名 smartweed, knotweed, water pepper (英)
別名 鮎タデ、紅タデ、青タデ
伝来 日本に自生し、古くから用いられている。
時期 紅タデ、青タデは通年。葉タデ(鮎タデ)は夏。
国内分布 福岡県朝倉市(紅タデの全国生産量の約3/4を生産)
特徴 谷崎潤一郎の小説「蓼食う虫」のタデは、ヤナギタデ。葉に独特の香りと辛みがある。茎葉が8~10cm程度に伸び、葉が5、6枚ついた物を収穫し「葉タデ、鮎タデ」として市販されている。この葉をすりつぶして酢でのばし、タデ酢にする。また、タデの種をまいて発芽させ、子葉が十分開いた物を収穫する(芽タデ)。色によって紅タデ、青タデがある。
品種名 ヤナギタデ、紅タデ、青タデ、
料理名 鮎の塩焼き、刺身のつま
調理法 葉タデ(鮎タデ)はすりつぶしてタデ酢にする。芽タデはそのまま使う。
加工品 タデ酢
選び方 しなびていない、張りのある物を選ぶ。
保存方法 しなびないようにポリ袋に入れて冷蔵する。
栄養 香り成分はタデオール、タデオン。辛味成分はポリゴジアール。ポリゴジアールには抗菌作用があるとされている。