e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

アセロラ

アセロラ

この食材のレシピ

分類 キントラノオ科ヒイラギトラノオ属
原産地 西インド諸島、熱帯アメリカ
学名 Malpighia emarginata DC.
外国語名 acerola (西)、barbados cherry, west indian cherry (英)
別名 バルバドスザクラ、西インドチェリー
由来 アセロラはスペイン語である。スペイン人の開拓者が果実がサクランボに似ていることから「cereza(サクランボ)」と名づけたこと、西インド諸島の島の一つ「バルバドス」から和名をバルバドスザクラとよぶ。英名のバルバドスチェリー、西インドチェリーもこれに由来する。
歴史背景 原産地では広く利用されていたが、1903年にフロリダ半島に導入され、その後世界に広まった。
伝来 大正年間に導入されたが、低温に弱いため栽培適地は沖縄や鹿児島などに限定される。国内の主産地は沖縄である。
時期 輸入品は通年、国内産は初夏から秋
国内分布 ブラジル、ハワイ、フロリダ、西インド諸島、フィリピン、ベトナム、国内では沖縄、鹿児島など
特徴 果実を主に利用する。形は子房の発達した球形で直径2~3cm、重さは3g~10g程度。葉をお茶として用いる。
品種名 甘味種:マノア、ルビートロピカル、ハワイアンクィーンなど、酸味種:J.H.バーモント、レーボルグ、ジャンボベルメルホなど
料理名 生食、果汁飲料、シャーベット、ジャム
加工品 冷凍果実、果汁飲料、ジャム、アイスクリームやヨーグルトへの果汁添加など
選び方 生鮮果実は鮮度低下が早く流通は産地市場に限定される。多くは冷凍果実を原料として加工利用する。
保存方法 生食するものは冷蔵。それ以外は冷凍して保存する。
栄養 甘味種は糖度が10%前後、酸味種は8%以下。ビタミンC含量が非常に高いが、甘味種は酸味種に比べて低い。アントシアニンやケルセチンなどのポリフェノールを多く含む。また、β-カロテンやビタミンEを含み、高い抗酸化能がある。