e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

イヨカン

イヨカン

この食材のレシピ

分類 ミカン科ミカン属
原産地 日本
学名 Citrus iyo
外国語名 Iyo tangor
別名 伊予蜜柑、穴門蜜柑
由来 育ちの地である愛媛県(伊予)にちなんでつけられた。
歴史背景 1886年頃に山口県萩市で偶発実生として発見された。ミカン類とオレンジが自然交雑してできたもの(タンゴール)とされている。
伝来 愛媛県での栽培が盛んになり産地化されたため伊予柑とよばれるようになった。早生の宮内伊予柑は、普通伊予柑の突然変異種で、昭和40年から50年頃に急速に普及した。わが国の柑橘類では、温州ミカンの次に生産量が多い。
時期 12月~1月に収穫され、3月中頃まで出荷される。
国内分布 名前の通り全体の約8割が愛媛、他に和歌山、山口、長崎、佐賀など
特徴 果皮が濃いオレンジ色で、温州ミカンにくらべ厚いが、むきやすい。香りがよく、多汁で人気がある。生食用が中心だが、ゼリーやマーマレードに加工されることもある。
品種名 宮内伊予柑、大谷伊予柑、普通伊予柑、勝山伊予柑
下処理 皮は手でむくことができる。
料理名 いよかんのクラフティ
調理法 そのまま食べたり、酸味と甘味のバランスを生かしてデザートにする。
加工品 マーマレード
選び方 ヘタが枯れたり、取れているものを避け、皮が濃いオレンジ色で、なめらかでつやがあり、大きさの割りに重いものがよい。鮮度が落ちると色が薄くつやが無くなり、軽く感じるようになる。
保存方法 3~7℃で保存。湿度を保つと色が保てる。
栄養 温州ミカンと成分的には似ている。冬場のビタミンC供給源として重要。
備考 歴史のところで紹介した「タンゴール」とはミカン類とオレンジの交配種の総称。