e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

グズベリー/グーズベリー

グズベリー

分類 スグリ科スグリ属
原産地 ヨーロッパ、西アジア
学名 Ribes uva-crispa L. , Ribes grossularia L.
外国語名 gooseberry
別名 セイヨウスグリ、オオスグリ
歴史背景 フランス東部からヒマラヤにかけての雑木林や低地の森に自生しており、古くから食用とされてきた。後に栽培されるようになった
伝来 明治初期に栽培用品種が導入された。
時期 7~8月
国内分布 北海道小樽市、岩手洋野町(旧:種市町)
特徴 透明感のある緑色の1cm前後の果実がなる。熟すと赤紫色になる。甘酸っぱく生食する他、ジャム、製菓材料やジュースなどに利用される。
品種名 ドイツ大玉(ホワイトスミス)、赤実大玉、ダウニング
料理名 生食、ケーキ、パイ、アイスクリーム、パフェなど製菓用の飾り
加工品 ジャム、ジュース、果実酒など
選び方 色が濃く、皮に張りのあるもの、重みのあるものを選ぶとよい。
保存方法 冷蔵で最大1週間程度。冷凍も可能。
栄養 ビタミンC、β-カロテン、ビタミンE、カリウム、食物繊維などが含まれる。赤紫色はアントシアニンによる。