e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

グミ

グミ

分類 グミ科グミ属
原産地 東アジア(日本、中国、朝鮮半島など)
学名 Elaeagnus ssp.
外国語名 silverberry, oleaster, cherry elaeggnus
別名 アサドリ、グイミ、グイビ、ギュミ など
由来 「グミ」は「グイの実」の略称で、グイはとげ(刺)を意味する。
歴史背景 日本に自生し、16~17種が分布する。果樹ではなく、庭木や庭園樹として利用されてきた。
伝来 自生する在来種を利用
時期 初夏から秋
国内分布 日本各地で利用されるが、果実利用の商業栽培はほとんど無い。
特徴 楕円形で赤く熟し、サクランボを縦に細く伸ばしたような形をしている。甘酸っぱく、渋みもある。「ナツグミ」は渋みもあるが、完熟すると甘酸っぱく、果実も大きめである。「アキグミ」は、渋みは少ないが、果実が小さい。「ダイオウグミ」は「ナツグミ」の変種で果実が大きく、刺がない。
品種名 ダイオウグミ(ビックリグミ)、千葉グミ王
料理名 生食、ジャム、リキュール、フルーツソースなど
調理法 塩水に2、3日浸けると渋みが抜ける。
加工品 グミ酒、ジャム、羊羹、茶など
選び方 未熟なものは渋いので、真っ赤になってよく熟しているもの、触ると柔らかで弾力のあるものを選ぶ。
保存方法 乾燥に弱いのでポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存する。ただし、完熟果は傷みやすく、長くはおけない。ジャムなどに加工するつもりなら冷凍することも可能。
栄養 赤い色素はトマトと同じリコペン。β-カロテンやビタミンEも多く含む。いずれも抗酸化力が強い。また、果実類としてはタンパク質含有量が多いが、ビタミンCは極めて少ない。カリウムや食物繊維も多い。渋みはタンニンによる。