e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

シークヮーサー

シークヮーサー

分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus depressa
外国語名 Shiikuwasha (英)
別名 ヒラミレモン、また、シクワサー、シークワーサー、シークワーシャーなどの表記もある
由来 「シー(酸、酸っぱいもの)」を「クヮーサー(食べ物、食わせるもの)」という方言。
歴史背景 古くから沖縄地方に自生している。
時期 8月~9月:酢の物用、10月~12月:ジュース用、12月~2月:生食用
特徴 通常は、皮が緑色の時期に青切りで収穫する。3~4cmほどの大きさで、皮が薄い扁平な形をしている。さわやかな風味があり、糖度が少なく酸味が強い。
調理法 果汁に甘味を加えジュースに使用する。また、食酢として料理に利用できる。お酒に加えて風味づけにも。黄色く熟したものは生食する。
加工品 ジュース、缶チューハイなど
選び方 食酢として利用する場合は青いものを、生食する場合は黄色く十分に熟したものを選ぶ。
保存方法 ポリ袋に入れ冷蔵保存。果汁や果実丸ごとを冷凍庫で保存可能。
栄養 ビタミンC、B1、クエン酸を多く含む。ほかの柑橘類に比べ、フラボノイドの一種ノビレチンの含有量が多い。