e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

パッションフルーツ

パッションフルーツ

分類 トケイソウ科トケイソウ属
原産地 ブラジルアマゾン川流域、パラグアイ、アルゼンチン北部
学名 Passiflora edulis Sims(紫色種)/P. edulis f. flavicarpa.(黄色種)
外国語名 Passion fruit
別名 ムラサキクダモノトケイソウ(紫色種)、キイロトケイソウ(黄色種)
由来 花の雄しべを十字架に見立ててキリストの受難(passion)から名をつけたと言われている。和名は、雌しべの柱頭が3つに分かれ時計の針に似ることから。
歴史背景 原産地では自生。17世紀頃にスペイン人の宣教師が花を見てパッションフラワーと名付けたといわれる。
伝来 明治中期頃と推定される。
時期 7月から8月頃、11月から12月頃
国内分布 鹿児島(指宿、奄美大島、種子島など)、沖縄、東京(島嶼部)
特徴 果実は球形で、切断すると種子を包んだゼリー状の果肉と果汁が入っており、スプーンなどですくって食べる。種子は果肉と一緒に食べられる。
品種名 紫色種、奄美系、黄色種、キングルビー など
料理名 生食、ジュースなど
加工品 ジュース、ゼリーなど
選び方 果皮にへこみや傷のないもの、さわやかな香りがあるものがよい。熟すと果皮にシワが出てくる。
保存方法 果皮がつるつるして香りがないものは室温に置いて追熟させる。熟したものはポリ袋に入れ野菜室で保存する。
栄養 β-カロテン、カリウム、マンガン、葉酸などが多い。