e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

パパイア/パパイヤ

パパイア/パパイヤ

この食材のレシピ

分類 パパイヤ科パパイヤ属
原産地 熱帯アメリカ
学名 Carica papaya
外国語名 papayas (英)、papaye (仏)
別名 ちちうり、もくか(木瓜)
由来 葉柄の付け根にまくわうりのような果実が実ることから、木瓜ともいう。
歴史背景 16世紀にスペインの探検隊が発見し、世界に伝わった。青い実は野菜として、熟した果実は果物として食べる。
伝来 明治時代に紹介され、蕃瓜樹(ばんかじゅ)、万寿果などと訳された。
時期 通年あるが、9から10月が旬。
国内分布 フィリピン、米国(ハワイ)からの輸入が多い。国内では沖縄や南九州などで栽培されている。
特徴 果実は未熟なうちは緑で、熟すと黄色くなる。つぶつぶの黒い種が中央に入っている。沖縄などでは家庭果樹として庭先にあるが、果物としてより青いものの皮をむいて、野菜として料理に使用する。未熟果には、タンパク質分解酵素のパパインが含まれている。
品種名 ソロ、サンライズ
下処理 完熟したものを縦半分に切り、適当な切り目を入れる。
料理名 パパイヤと豚肉のサラダ
調理法 上品な甘味があり、生食がほとんどで、レモンやライムの果汁を絞って食べるとおいしい。サラダ、ピュレにして料理やデザートのソースに。未熟果はせん切りにして炒め物、天ぷらなどに。
加工品 砂糖漬け、ジュース、ジャム、漬物
選び方 オレンジ色に色づいたもので、ややかためのものを。指で押して手ごたえがある程度になれば食べ頃。
保存方法 青緑色のものは冷蔵すると熟さなくなる(低温障害)。熟させるには、室温に置く。黄色くなったものは8~10℃くらいで保存。
栄養 β‐カロテン、ビタミンCが比較的多く、完熟果にはβ‐クリプトキサンチンが含まれる。。
備考 ・パパインは、未熟果(緑色果)や幹を傷つけると出る乳液に含まれ、完熟果には見られない。消化剤、肉の軟化剤などとして工業的に利用されている。・一般小売店での販売よりも業務用需要が多い。