e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

ポンカン

ポンカン

この食材のレシピ

分類 ミカン科ミカン属
原産地 インド
学名 Citrus reticulata
外国語名 ponkan (mandarin) (英)、椪柑, 廬柑 (中)
由来 「ポン」は原産国インドの地名プーナに由来する。中国南部の言葉でプーナの音を「椪」と表し、柑橘を示す「柑」をつけたもの。「椪」を日本語では中国南部と同様に「ポン」と読ませ、ポンカンとなったと言われる。
歴史背景 唐時代にインドから中国に伝わったと言われる。台湾へは18世紀末に移入され島内で広まった。
伝来 明治29年(1896)に苗木が台湾から鹿児島県に導入されて、栽培が始まった。その後、高知県へも広まった。
時期 12月から3月。出荷量は1~2月が最も多い。
国内分布 愛媛、鹿児島、熊本、宮崎、和歌山。台湾からの輸入も多い。
特徴 果頂部がややへこんでいる。比較的高温を好むので、果皮の発育がよく浮皮になりやすい。このため皮はむきやすい。果肉は濃い橙色で、香りが良く多汁で、甘みが強く酸味は少ない。
品種名 太田、森田、吉田、今津など
料理名 ジャム、マーマレード、ゼリー、ピール(皮の砂糖煮)
調理法 生食
加工品 果汁、ジャム
選び方 ズッシリと重みがあるもの。果皮は鮮やかな濃いオレンジ色で、ツヤがあり、色ムラがなく、きめの細かいもの。ヘタが緑色で切り口がやや小さめのもの。皮が薄く、皮と実の間に隙間がないものがよいと言われる。
保存方法 高湿度(90%程度)で冷蔵すれば2ヵ月程度もつ。乾燥するとしおれて味がぼけるので、家庭ではポリ袋に入れて保存するほうがよい。
栄養 炭水化物は、ショ糖が最も多く、次いで果糖、ブドウ糖である。酸はクエン酸が多い。ビタミンCの他カロテンやB1も多い。
備考 「デコポン」は「清見」とこの「ポンカン」を交配した品種「不知火」のうち一定基準をクリアした物につけられる名称である。JA熊本果実連が商標権をもつが、全国の日園連加盟の農協が出荷する。