e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

マルメロ

マルメロ

分類 バラ科マルメロ属
原産地 イラン、トルキスタン地方
学名 Cydonia obulonga
外国語名 quince (英)
別名 かりん
由来 マルメロはポルトガル語の「marmelo」からきている。別名の「かりん」は導入された当時から長野県諏訪地方で混同され現在も使用されている。
歴史背景 原産地は中央アジアであるが、ヨーロッパでもギリシャ、ローマ時代から栽培されていた。
伝来 江戸初期に長崎に伝わったとされている。
時期 10~11月
国内分布 長野、青森、秋田
特徴 熟した果実は芳香が強い。果肉には適度な酸味があるが、硬く、苦味があるため生食には適さない。このため、リキュールやワイン、ジャムなどに加工される。また、長野県諏訪地方のようにマルメロを「かりん」とよぶ地域がある。
品種名 スミルナ
加工品 ジャム、ゼリー、シロップ煮や果実酒など
選び方 持った時に重みがあり、全体が鮮やかな黄色で果皮につやのあるもの。さらに甘い香りのするものがよい。
保存方法 未熟な果実は新聞紙などで包み、涼しい場所において追熟させる。熟すと果実全体が黄色くなり、芳香が強くなる。
栄養 炭水化物や食物繊維、カリウムが含まれる。