e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

ライチー/レイシ

ライチー

この食材のレシピ

分類 ムクロジ科レイシ属
原産地 中国南部からインドシナ半島北部
学名 Litchi chinensis Sonnerat
外国語名 litchi, lychee (英)
別名 茘枝、ライチ、リーチ(沖縄)
由来 日本語のレイシ、英語のlitchiともに閩南語の茘枝(lai-chi)からきている。
歴史背景 中国南部では古くから栽培されている。楊貴妃が好み、華南から長安の都まで早馬で運ばせたとの逸話が残っている。
伝来 沖縄にはかなり早くから導入されていたと考えられる。1659年に薩摩藩が山川郷福元(指宿市)の薬草園に植えたとの記録がある。また、江戸時代末に琉球から渡来したものが江戸で開花、結実したとの記録もある。
時期 5月~7月(中国)、6月中下旬~7月上旬(沖縄)
国内分布 国内では沖縄、国外では中国南部、台湾。栽培は東南アジア、南アジア、ハワイ、フロリダ、オーストラリアやブラジルなど各地でされている。
特徴 果実は直径2~3cm程度の球形もしくはタマゴ形。果皮表面は亀の甲羅のように細かく割れて、盛りあがっており、ややざらざらしている。熟すと紅色になる。果肉は半透明の乳白色で甘みと独特の香り、風味があり、中に大きなタネが一つ入っている。
品種名 ベンガル、陳紫(ブリュースター)、桂味(クヮイミィ)、大造(モーリシャス)、ノーマイチー
料理名 ゼリー
調理法 生食、菓子
加工品 乾果、缶詰、ジュース、アイスクリーム
選び方 皮の色が鮮やかで赤っぽいものがよい。緑がかったものは未熟、熟しすぎると黒っぽくなる。皮が裂けているものや、傷があるものは避ける。
保存方法 室温では皮の色が悪くなるので、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存する。冷凍することも可能。
栄養 ビタミンC、B群が含まれている。また、葉酸が非常に多い。種子は漢方薬としても用いられている。
備考 代表的品種名を記載したが、古くから栽培されており、中国や台湾から世界各地に様々な品種が導入されている。また、同名異種のものがあったり、同一品種でも産地によって性質が異なったりするので、品種で特徴付けをするのは難しい。