e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

ラズベリー

ラズベリー

この食材のレシピ

分類 バラ科キイチゴ属
原産地 ヨーロッパ、北米
学名 Rubus spp.
外国語名 raspberry (英)、framboise (仏)、Himbeere (独)
別名 キイチゴ
由来 キイチゴは、木になるイチゴから。
歴史背景 北半球各地に野生種がある。古代ローマで栽培の記述がある。イギリスでは17世紀から多くの品種が作られ、19世紀中期からは北アメリカでも品種改良がされている。
時期 6月~7月および9月~10月(二季成り品種)
国内分布 アメリカ・カルフォルニアからの輸入が主。国産は北海道、宮城など
特徴 キイチゴ類のうち果実が成熟すると集合果がくっつき、花托から離れて中空でキャップ状になる種類を言う。果実の色は赤、黒、黄、白など。狭義にはヨーロッパの野生種エゾキイチゴから改良された「レッドラズベリー」と北アメリカ野生種から改良された「ブラックラズベリー」に区別される。甘酸っぱい果汁をたっぷり含み、皮も種子も実も丸ごと食べられる。
品種名 日本への導入品種としてはチルコチン、ヌートカ、スキーナの3種。これらはすべて一季成り品種。
料理名 菓子の飾り、アイスクリーム、ヨーグルト、フルーツサラダ、クレープ、タルト、シリアル
調理法 丸ごと食べられるため、下ごしらえの手間がなく、そのまま調理できる。大変傷みやすい果実なので、使用直前に軽く振り洗いして使う。
加工品 ジャム、フルーツソース
選び方 硬くて肉付きがよく、光沢のある完熟した実を選ぶ。熟しすぎたものやカビが生えているものがあるので注意。
保存方法 傷みやすい果実なので日光にさらしたり、室温に放置したりすることは避ける。保存は、傷んだ果実を除き、洗わずにラップなどに軽くつつんで冷蔵庫に入れると、おおよそ1週間は保存できる。少量の砂糖を加えておくと長持ちし、変色も防ぐ。冷凍する際も丸のまま砂糖をまぶしておくとよい。
栄養 キイチゴは、ビタミンCが比較的多く含まれ、糖類、クエン酸、リンゴ酸、ビタミンA、B、D、Eも含まれ、ペクチンや鉄分も多い。