e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

果実類

リュウガン/龍眼

リュウガン

分類 ムクロジ科リュウガン属
原産地 中国南部からインド及びミャンマー北部
学名 Euphoria longana
外国語名 dragon eye, longan
別名 ロンガン、リンガン(沖縄)
由来 半透明のゼリー状の果肉の中に黒く大きい種子が入っており、それが龍の目のように見えると例えられたため。日本語は中国名「龍眼」の音読みに由来する。
歴史背景 楊貴妃が好んで食べたと言われている。
伝来 1659年に薩摩藩が山川郷福元(指宿市)に植栽したとの記録がある。
時期 7~8月
国内分布 国内では南西諸島。中国や台湾、タイなど東南アジア。
特徴 ライチに似るが果実は小さい。果実は丸く直径1~2.5cm程度果皮色は黄褐色から赤褐色。皮は薄くて固いが果肉は半透明のゼリー状で甘く、ジューシーである。種は光沢のある黒色。生食利用が多いが、中国や東南アジアでは乾果(龍眼肉、桂円肉)の需要が大きい。
品種名 大烏円(ダウユァン)、ダイアモンドリバー、東壁(ドンビ)、福眼(フヤン、福眼)、コハラ、蛇皮(シーピ)、石峡(シーシャ)、烏円(ウーユァン)など
料理名 生食、ジュース、アイスクリーム、スープ(乾果)
加工品 乾果、冷凍果実、缶詰(シロップ漬)、搾汁
選び方 傷のないきれいなものを選ぶ。
保存方法 常温で数日持つが、その後は急速に劣化する。
栄養 果肉にはビタミンB2、ナイアシンなどが含まれる。カリウムや食物繊維も多い。脳機能改善作用のあるコリンを含む。乾燥果実は漢方や薬膳では滋養強壮剤として用いられる。