e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

きのこ類

クロアワビタケ

クロアワビタケ

分類 ヒラタケ科 ヒラタケ属
学名 Pleurotuscystidiosus subsp. abalonus
外国語名 Black Abalone Mushroom
由来 色が黒っぽく、肉厚で断面の形や歯触りがアワビに似ることからクロアワビタケとよばれるようになった。
伝来 台湾で栽培されていたものが導入されたとされる。
時期 通年
国内分布 長野、滋賀、和歌山、沖縄、宮崎 など
特徴 ヒラタケの仲間。表面が茶褐色から黒色でカサが大きく肉厚であるため、歯触りがしっかりしている。コリコリする歯触りがアワビに似るとも言われる。煮くずれや縮みが少ないため煮込みや油炒め、天ぷらなどに適する。
料理名 炒め物、アヒージョ、ステーキ、天ぷら、炊き込みご飯 など
選び方 包装袋に水滴がついているものは避ける。カサが開ききっていないものの方が食感はよい。
保存方法 ポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存。
栄養 食物繊維、ビタミンB群が多い。