e食材辞典

700以上の食材を収録!
新鮮な食材の見極め方や旬の時期、下処理の仕方からその調理法まで、
毎日のお買い物や献立づくりに役立つ情報が満載です。

食材解説・監修|神戸女子大学家政学部教授 後藤昌弘(農学博士)

きのこ類

エリンギ

エリンギ

この食材のレシピ

分類 ヒラタケ科ヒラタケ属
原産地 ヨーロッパ
学名 Pleurotus eryngii
外国語名 king trumpet mushroom (英)、Eryngii (仏)、Eryngi (伊)
別名 カオリヒラタケ、アワビタケ、ミヤマシメジ
由来 エリンジウム(Eryngium)属の植物に寄生することから名付けられた。
歴史背景 イタリア、フランスなどを中心とする地中海性気候地域やロシア南部、中央アジアに生育する食用キノコ。日本には自生していない。
伝来 1993年に愛知県林業センターで初めて栽培が行われ、その後生産が拡大した。
時期 通年
国内分布 長野、新潟、広島、福岡、香川 など
特徴 最近市場に出回りはじめた。食感はシコシコとしてマツタケやアワビに似ているとされるが、香りはない。ビタミンB1や食物繊維が豊富で、手で大きく裂いて網焼きにしたりバター焼きにしたりするとおいしい。イタリア料理には欠かせないキノコである。
下処理 石突を取る。
料理名 エリンギの焼き浸し、エリンギのマリネ、エリンギのナムル、エリンギのピクルス、エリンギの南蛮漬け、エリンギの白和え、エリンギのみそ焼き、エリンギと鶏ささみの柚庵焼き、エリンギのチーズ焼き、エリンギの炒めサラダ、エリンギとじゃがいものサラダ、エリンギのきんぴら、エリンギのガーリックソテー、エリンギと帆立のウスターソース炒め、エリンギと牛肉の豆板醤炒め、エリンギの炊き込みご飯、エリンギ炒飯、エリンギピラフ、エリンギのリゾット、エリンギのトマトスパゲッティ、エリンギのクラムチャウダー、エリンギとチーズのピザ、エリンギのクリームグラタン、エリンギフライ
調理法 薄く裂いて炒め物や煮物、フライ、和え物などに。味も香りも食感もよく、すき焼きなどの鍋物にもよい。
選び方 笠が割れていないもの、軸がピンと伸び、しみや変色のないものを選ぶ。乾いた感じがしないものが新鮮。
保存方法 保存袋に入れて冷蔵庫で保存。ぬれるといたみやすいので、水気に気をつける。
栄養 ビタミンB1、B2と食物繊維が豊富。多糖類のβ-グルカンも多い。