スクロールしてトレーニングをスタート

バックキック 背中やおしりをきたえ体幹の背面をパワーアップする

NG STYLE

MOVIE

Step 1 あおむけで両膝を立て腕を開く | 床に、肩幅で両手と両ひじをつきます。両膝をつき、骨盤の幅に脚を開きましょう。 | POINT 頭は上げすぎたり下げすぎたりしないようにし、首と背中が一直線になっていることを意識してください。

Step 1 あおむけで両膝を立て腕を開く

Step 2 おしりを上げてキープ 戻してはくりかえし、おこなう | その体勢から、3秒かけて片脚をまっすぐに上げます。頭や上体、骨盤が動かないように気をつけてください。元の体勢に戻し、くりかえして3セットおこないましょう。 | POINT 片脚は背中の延長線上に伸ばし、その際、頭からかかとまでが一直線になっていることを意識してください。

Step 2 おしりを上げてキープ 戻してはくりかえし、おこなう

はじめに

  • 体幹ってなんだろう?
  • 体幹の役割
  • 体幹トレーニングとは?
  • 体幹トレーニングの効果
  • 体幹トレーニングの注意点
  • バランスってなんだろう?
  • 「バランス力」の重要性とそのポイントについて
  • 体幹バランストレーニングとは?
  • 体幹バランストレーニングの効果
  • 日常生活も含めた、トレーニングの注意点

ドローイン

  • はじめる前に
  • ドローイン
  • プレスドローイン

体の土台づくりのトレーニング 体幹トレーニング

お腹周辺

  • クランチ
  • 腕上げクランチ
  • もも上げクランチ
  • ドローインVクランチ
  • ダブルニートゥーチェスト

脇腹周辺

  • サイドアップ
  • 半身クランチ
  • ワンハンドツイストクランチ
  • ヒザつきサイドブリッジ

背中周辺

  • フロントアームリフト
  • ダイアゴナル
  • バックブリッジ
  • バックキック

体の土台づくりのトレーニング 体幹トレーニング

  • はじめる前に

イスを使ったトレーニング

  • 背中・腰・お尻・太ももを連動させる
  • 脇腹と引き上げ動作を連動させる
  • 上半身と下半身を連動させる
  • 脇腹と脚の引き上げ動作を連動させる
  • 背中、腰、お尻を連動させる

骨盤を安定させるトレーニング

  • 腕と背中を連動させる
  • 脇腹と太ももを連動させる
  • お腹とお尻を連動させる

上肢と下肢を連動させるトレーニング

  • お腹と太ももを連動させる
  • 脇腹と下半身を連動させる - 01
  • 脇腹と下半身を連動させる - 02
  • 腰、太もも、お尻を連動させる

片足立ちで支えるトレーニング

  • お腹、お尻、脚を連動させる
  • お腹、背中、お尻、ふくらはぎを連動させる
  • 脇腹、背中、下半身の動作を連動させる
  • お腹、背中、お尻、脚の引き上げを連動させる

より効果的にトレーニングを続けるために トレーニングの組み合わせ例

朝、起きた時に効果的なメニュー

  • はじめる前に
  • トレーニング

くつろぎながらできるメニュー

  • はじめる前に
  • トレーニング

効果的な1週間メニュー例

  • はじめる前に
  • トレーニングA(月曜日)
  • トレーニングB(水曜日)
  • トレーニングC(金曜日)
  • トレーニングD(日曜日)

Step 1 あおむけで両膝を立て腕を開く Step 2 おしりを上げてキープ 戻してはくりかえし、おこなう

脚を上げすぎていると、骨盤が傾きます。骨盤の水平を保てる高さを確認し、そこでキープしましょう。